ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

イラストレーターでリボンを描く <オブジェクト編>

ハンガーイラストの描き方>>|レイヤー編リボンの描き方|フリルの描き方|着せ替え人形編基準を作る編 パーツを作る編 コツ(Tips)

7.リボンの向う側と手前側に分ける

リボンの向う側と手前側に分ける

 リボンを2つの「オブジェクト」にする準備をします。

  1. 選択ツール」に持ち替えて
  2. 手前になる上下の線を「ドラッグ」して一緒に選択します。
  3. 「選択」出来たら、線上を「クリック」して
  4. 「ドラッグ」して移動します。

これで2つの「オブジェクト」にする準備が出来ました。

8. リボンのカーブの端の線を描く

リボンのカーブの端の線を描く

 輪郭線を描きます。

  1. 向こう側のリボンの上の線の左端を「Alt」キーを押しながら「クリック」します。
  2. 「クリック」したまま「ドラッグ」して輪郭線の上端の「ハンドル」を出します。
  3. ある程度「ハンドル」を出したら
  4. リボンの下の線の左端の「アンカーポイント」を「Alt」キーを押しながら「クリック」します。
  5. 輪郭線のイメージに近くなったら「ドロップ」します。
  6. ダイレクト選択ツール」に持ち替えて、
  7. イメージ通りの輪郭線になるまで「ハンドル」を使って調節します。

イメージ通りの輪郭線が出来たら、リボンの向こう側の「オブジェクト」の準備はほぼ完了です。

9. リボンの向こう側の輪郭線をコピーする

リボンの向こう側の輪郭線をコピーする

 今度は、手前側の輪郭線を描きますが、輪郭線は同じラインになるので、ラインをコピーして使います。

  1. ダイレクト選択ツール」を持って
  2. 向こう側のリボンの輪郭線上を「クリック」します。
  3. 「Ctrl+C」を押してラインだけをコピーして
  4. 「Ctrl+V」で貼り付けます。

  これで、輪郭線がコピー出来ました。

10. 線と線を合わせてオブジェクトを作る

線と線を合わせてオブジェクトを作る

  1. 選択ツール」に持ち替えて
  2. コピーされた輪郭線の上の「アンカーポイント」を「クリック」します。
  3. 手前側のリボンの上の左端の「アンカーポイント」上まで「ドラッグ」し「ドロップ」します。
  4. 「ダイレクト選択ツール」に持ち替えて
  5. 2つの線が接して出来た「アンカーポイント」を囲むように「ドラッグ」し
  6. その角の「アンカーポイント」が選択出来たら
  7. 「Ctrl+J」を押します。
  8. 連結」アラートが出てきたら
  9. 「ポイント」の中の「コーナー」ラジオボタンを「クリック」し点灯させ
  10. 「OK」を「クリック」します。

 下の「アンカーポイント」も同様にしたら、手前側のリボンの「オブジェクト」化もほぼ準備終了です。

11. リボンの向う側と手前側のオブジェクト

リボンの向う側と手前側のオブジェクト

リボンの手前と向こう側を「オブジェクト」化します。

  1. ダイレクト選択ツール」を持って
  2. 二つのリボンの右側をそれぞれ「ドラッグ」して選択します。
  3. 「Ctrl+J」を押します。
  4. 上下の「アンカーポイント」が「線」で「連結」されます。

 手前側の右端も同様にして、「オブジェクト」化します。

12. 二つのオブジェクトを合わせる

二つのオブジェクトを合わせる

 塗りを適応していない状態で、リボンの手前と向うを合わせます。
  ほぼ出来上がりの状態を見る事が出来るので、気になる箇所がある場合は、ここで出来るだけ修正を加えておきます。

  1. 選択ツール」に持ち替えて
  2. 手前のリボンを選択します。
  3. アンカーポイント」と「アンカーポイント」を合わせると誤差無く合わせる事が出来ます。

 右図のようになります。

次は、垂れヒモ編 戻る場合は、カーブ編

ハンガーイラストの描き方>>|レイヤー編リボンの描き方|フリルの描き方|着せ替え人形編基準を作る編 パーツを作る編 コツ(Tips)
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料