ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

イラストレーターでリボンを描く <垂れヒモ編>

ハンガーイラストの描き方>>|レイヤー編リボンの描き方|フリルの描き方|着せ替え人形編基準を作る編 パーツを作る編 コツ(Tips)

13. リボンの結びの締め感を表現する

 コピーを繰り返しただけのリボンは、ちょっと機械的で温かみに掛けます。ここで、少し表情をつけます。分かりやすくする為に、手前(白)と向う側(赤)のリボンに違う色の「塗り」を適応させておきます。
リボンの結びの締め感を表現する  結び目のところでリボンの巾が締められて細くなる感じを出します。結び目側の「アンカーポイント」を移動して感じを出します。

  1. 結び目側の「アンカーポイント」を移動させるので、必要な箇所に「アンカーポイント」を作っておきます。
  2. 「ドラッグ」して、結び目側の手前と向うのリボンの「アンカーポイント」同時に選択します。
  3. 移動は「Ctrl+Alt」を押して、マウスの「ローラー」で拡大して
  4. アンカーポイント」をクリックして移動します。
  5. または、キーの「→」を叩いて移動します。

14. リボンの結び目を描く

 結び目を描きます。これも分かりやすくする為に「緑」の「塗り」を適応しておきます。 リボンに影響が出ない用に「ロック」しておきます。「ペンツール」を持って一筆書きの要領です。

リボンの結び目を描く
  1. 選択ツール」を使って
  2. リボン全体を「ドラッグ」して選択します
  3. 「Ctrl+2」を押してリボンを「ロック」します。
  4. ペンツール」に持ち替えて
  5. 結び目の右上端の「始点」をクリック
  6. そのまま「ドラッグ」して「ハンドル」をだし
  7. 任意の位置で放します。
  8. 左の角になる位置で「クリック」して
  9. 「Alt」キーを押しながら「ドラッグ」コーナーをつくります。
  10. 任意の位置まで「ドラッグ」したら、ハンドルを放します。
  11. 左下のコーナーの位置で「クリック」して
  12. 「Alt」キーを押しながら、ドラッグします。
  13. 左下のカーナーが出来たら、任意の位置まで「ハンドル」を「ドラッグ」して放します。
  14. 右下の「アンカーポイント」は「始点」「アンカーポイント」に触れて
  15. 「スマートガイド」に添って、真下の任意の位置で「クリック」します。
  16. 「ドラッグ」して「ハンドル」を出し
  17. 希望のカーブになるまで「ドラッグ」します。
  18. 「ダイレクト選択ツール」に持ち替えて
  19. 「パス」を「クリック」して「ハンドル」を出して
  20. 希望のカーブになるまで「ハンドル」操作をします。

15. コピーして右側のリボンを作る

 左のリボンと結び目が出来たので、コピーして右側を作ります。
  ここでバランスが悪ければ、左のみを修正して、また、張り合わせてみます。納得がいくまでやってみて下さい。 左側のみを描いているので、合わせてみると、どうしてもバランスが悪い事が、多々あります。 右側をくっつけて調整するのが一番です。

コピーして右側のリボンを作る
  1. 「Ctrl+Alt+2」を押して「ロック」を解除します。
  2. 「Ctrl+A」か、
  3. 「選択ツール」に持ち替えて、「ドラッグ」して、リボンと結び目を全て選択します。
  4. 「Ctrl+C」を押して、コピーし
  5. 「Ctrl+V」でペースト(貼り付ける)し
  6. ペーストした方が選択されているのを確認して
  7. 「O」を叩きます。
  8. 「リフレクト」ウィンドーが出てきたら「リフレクト軸」の「垂直」のラジオボタンを点灯させ
  9. 「Enter」キーを叩きます。
  10. リボンの半分が反転したら、
  11. 結び目下の「アンカーポイント」をクリックして
  12. 左側の同じ「アンカーポイント」にくっつけます。

16. リボンの垂れる紐を描く

 垂れる紐部分です。
  やはり問題は、素材の厚味や硬さによって落ち感が変わるという事です。 その感じを出すように、カーブをイメージ通りに表現する事を心がけなければなりません。

リボンの垂れる紐を描く
  1. 選択ツール」を使って
  2. リボン全体を「ドラッグ」して選択します
  3. 「Ctrl+2」を押してリボンを「ロック」します。
  4. ペンツール」に持ち替えて
  5. センター側を「始点」として「クリック」します。
  6. 「ドラッグ」して「ハンドル」を出して、任意の位置で放します。
  7. 紐の垂れ終わりを「クリック」して、「ドラッグ」します。
  8. ハンドル」を出して、ある程度のカーブを作ったら、「ドロップ」します。

17. 垂れ紐を調節する

垂れ紐を調節する

 「ペンツール」でイラストを描く場合はいつもそうですが、一度でイメージ通りに描ける事はまずありません。 「ハンドル」を使って、探りながら線を描いていきます。ちょうど、鉛筆で何度も同じ線を描き出すのに似ています。 「ペンツール」は出きるだけ少ない「アンカーポイント」で描くのがコツです。「アンカーポイント」を多く作りすぎると、カーブが不自然になりがちです。 ここは、コンピューターを信頼して(変な話ですね(笑))動く線を気に入るまで調節するようにしましょう。

  1. ダイレクト選択ツール」に持ち替えて
  2. パス」を「クリック」して「ハンドル」を出します。
  3. ハンドル」の「ポイント」を「クリック」して線を調節します。

18. 落ち感のある垂れ紐を描いてみる

 ここでは、想定のイメージとは違う「垂れ紐」を反対側に描いてみます。 元々のイメージの「垂れ紐」が正しいかどうか、あるいはイメージのブレはないかどうかの確認をする為に、描いてみることにします。 時間の余裕があればですが、ない場合は一発で行きましょう。(笑)

落ち感のある垂れ紐を描いてみる
  1. ペンツール」に持ち替えて
  2. センター側を「始点」として「クリック」します。
  3. 「ドラッグ」して「ハンドル」を出して、任意の位置で放します。
  4. 紐の垂れ終わりを「クリック」して、「ドラッグ」します。
  5. ハンドル」を出して、ある程度のカーブを作ったら、「ドロップ」します。
  6. ダイレクト選択ツール」に持ち替えて
  7. パス」を「クリック」して「ハンドル」を出します。
  8. ハンドル」の「ポイント」を「クリック」して線を調節します。

19. 垂れ紐の上側をコピーして下側の線を作る

垂れ紐の上側をコピーして下側の線を作る

 リボンと同じく「コピー&ペースト」で紐の下側を作ります。

  1. 選択ツール」で線をクリックして、上側の線を選択した後
  2. 「スマートガイド」にしたがって、下に「ドラッグ」し、
  3. 「Ctrl+Alt」キーを押し、リボンの巾の位置で、「ドロップ」します。

  これで、下側がコピー出来ました。

次は、アレンジ編 戻る場合は、垂れヒモ編

ハンガーイラストの描き方>>|レイヤー編リボンの描き方|フリルの描き方|着せ替え人形編基準を作る編 パーツを作る編 コツ(Tips)
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料