ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

Fashion-Heart Wiki 化計画

Fashion Heartアクセス経緯

アクセス経緯

Fashion-Heart Wiki化計画 序文

Dreamweaver PHPスターティングガイド―DreamweaverではじめるWebプログラミング

 弊サイトのような場合(主に、ファッション用語)はWIKIにするべきなのは重々承知していました。しかし、これまた知識の無さから延々延期されていました。が、ついに乗り出します。やはり良本に出合えたのが大きなきっかけといえるでしょうか。しかし、上手く行くのかやってみないと分かりません。本は以前から随分購入しました。PHP関連、WIKI関連。10冊以上でしょうか。それらは私には不向きでした。知りたいことを知り得られませんでした。まあ仕方の無い事で、多少の無駄は必要でしょう。しかし、サイトをいろいろ検索し、読み漁ってみても適当な本を紹介してくれているところが無いのが残念です。筆者のサイトでもいいのですが、購入するのに知りたい情報が載っているのかどうかさえ分かりません(あるのかも知れませんが、分かりにくい)。販売のamazonでさえ、一部の情報しか得られません。読者プレビューは、参考になりますが、それ用の専門スタッフがいてもいいはずだと思うのですが、 リズムを捕る女 あまりにもシステム的に処理しすぎているような気がしてなりません、量が多いですからね。(ごめんなさい、amazon批判をするつもりはありません。便利に使わせて頂いておりますm(__)m)私は「WEB関連の書籍」で、最低でも目次は紹介しています。参考にして下さい。

 私の使っているのは、Dreamweaverなのでランプにも強いはずです。PHPにも当然強いのです。PHPはWIKIには欠かせません。その上、データベースも同じく欠かせないので一挙両得です。そこで、まず、本の紹介をしておきます。

オープンソース徹底活用 PukiWikiによるWebコラボレーション入門 (オープンソース徹底活用)

 さて、WIKIはいろいろあって、参考にした本も「PukiWiki」を紹介したものですが、私は「Wikipedia」のようなサイトが好みなので、そのままフリーの「WikiMedia」を使わせて貰おうと思っています。なぜ、「オープンソース徹底活用 PukiWikiによるWebコラボレーション入門」がいいかというと、他の本と違うところがありました。カスタマイズの仕方をわりと分かりやすく解説しているところです。多くの紹介本は、上手な「PukiWiki」の利用の仕方を解説しているのですが、それは、「Wikipedia」を使ってみればよく分かるので、問題は、弊サイトらしく外観を整えることが出来るかだと考えています。いろいろなWikiのサイトをあさってみるのですが、今一よく分かりませんでした。「Skin」をいじればいいことは分かるのですが、どういじれば見た目を替える事ができるなかさっぱりです。これを少し読んでみたので、参考サイトをみても理解できるようになりました。いよいよです。

 そして、先の本でPHPがDreamweaverでいじれるようになった事が、きっと助けになるはずです。では、始めてみましょう。Fashion-Heart WikiMedia化計画(目次)のページを設けましょう。

(2008/06/01記載)

前書き

 これは、全くの初心者がLAMP(フリーのWeb関連のソフト)を使いこなす事が出来るかの、その挑戦の記録です。途中で終わってしまう事があるかも知れません(そんな事にならないように全力で努力はします)。そして、これを書いているのはまだ、ドアの前に立っている状態の時点です。が、既に門をくぐってはいます。その上、短いエントランスも歩いても来ています。でも、その程度です。現在の私はなんとしても、Fashion-HeartをWiki化しなければならない立場にあります(追い込まれているかも)。この優れたブラウザを介して行えるコラボレーション・ソフトは、仲間達との連絡と、Fashion-Heartをより優れたサイトにするために必要不可欠なソフトだと考えています。そして、私はそんな環境のエントランスを歩いてきた経緯から、責任を負う羽目になってしまった(進んでかも)。そんな決意の下、具現化出来るかやってみましょう。

2008/06/01記載

MediaWikiからPukiWikiに

 変更することにした。

    1. MediaWikiは解説が乏しく、初心者には不向きだと思える
    2. MediaWikiはアップロード出来たとしてもシステムが単一的である
    3. PukiWikiは日本語で構成されている日本人の為のWikiWikiWebある事
    4. PukiWikiはポピュラーで、解説書籍やサポートページ、サイトが多い
    5. PukiWikiは自由度が高そうである事

 以上の点が、各サイトを閲覧した後にたどり着いた答えである。あくまでも初心者の意見として考慮して下さい。

2008/06/01記載

その前に、なぜ自分でやるのか

 と言うことを自重の意味で考え直してみたいと思います。チャレンジャーであることは性として認めますが、何故か手放せない(委託)のです。そう思い続けてここまで来ましたが、ここで弾みをつける意味でも確認をしてみたいと思います。

 弊サイトのサーバーは@YMC社(ホスティング)の物を利用していますが、そこにはLAMPは既にそろっています。使いこなせていないだけです。それも一つの要因ではあります。

    1. 性(さが)の問題
    2. そこにあるのに手が届かない悔しさ
    3. 費用の問題
    4. 依頼先に見当がたたない
    5. コンテツは自分の中にある
    6. 依頼者と受託者の関係を熟知しているからこそ
    7. ハートの問題

 今後、時間を見つけてそれぞれに理由を記入する

2008/06/01記載
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料