ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

ファッション・ビジネス関係書籍

技術書専門書辞書スタイリングデザイン関連 ファッション・ビジネス関連雑誌FD必読書Designers洋裁美術Illustrator関連Web関連その他

21世紀の国富論 2007/6/21(発行)

原 丈人(著) 平凡社(発行)

内容紹介

■丹羽宇一郎(伊藤忠商事取締役会長)
日本の成長戦略をこれほど明確に描き出した本はない。企業経営者、政府関係者のみならず、すべてのビジネスパーソン必読の書。

■岩井克人(東京大学教授/『会社はこれからどうなるのか』著者)
スタンフォード大学経営学大学院出身にして世界的ヴェンチャー資本家――これはこの著者だからこそ可能であった株主主権論批判の書です。

 日本の経済・産業・社会は、いまこそチャンスを迎えている!シリコンバレーで数々の企業を成功させてきた実業家・原丈人による、待望の初著作!!

 繰り返される企業買収、日常化したリストラ。マネーゲーム化したアメリカ経済の後追い。見せ掛けの景気回復。さらに、知財関係は欧米に牛耳られ、お家芸だったモノ造りも、中国をはじめとするアジア諸国に追いつかれようとしている……この先の日本に、可能な未来はあるのか?誰もが抱くこの疑問と不安に、著者の原丈人は、力強く「ある」と答える――日本は、むしろ、いまこそ千載一遇のチャンスを迎えているのだ、と。IT産業がすでに成熟産業になり、経済を牽引してくことができなくなりつつある現在、新たな基幹産業を創出できなければ、ほんとうの景気回復はありえない。そして、その新産業を造り出すポテンシャルをもつのは、欧米でも中国でもなく、じつは日本だからだ。そのためには、いくつものハードルを越えなければならない。新しい市場のあり方、新しいファイナンスのあり方、新しい会社のあり方が、まず必要とされる。次に、それらを活用できる人材。これらを、どのように日本に糾合させ、会社を活性化していくか? 本書には、そのための具体策が明快に示されている。

 著者のこれらの提案が実現すれば、日本は、先進国からも発展途上国からも、必要欠くべからざる名誉ある国になるだろう。私たちに必要なのは、まず一歩を踏み出すことだ。

内容(「BOOK」データベースより)

シリコンバレーで数々の企業を成功させてきた実業家が語る日本の未来。

著者について

原 丈人(はら じょうじ)

1952年大阪生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、考古学研究を志し中央アメリカへ渡る。スタンフォード大学経営学大学院、国連フェローを経て同大学工学部大学院を修了。29歳で創業した光ファイバーのディスプレイメーカーを売却後、主に情報通信技術分野で新技術を創出する企業の育成と経営に注力。90年代にソフトウェア産業でマイクロソフトと覇を競ったボーランドをはじめSCO、ユニファイ、ピクチャーテル、ウォロンゴング、トレイデックスなど十数社を成功に導き、シリコンバレーを代表するベンチャーキャピタリストのひとりとなった。

会長を務める事業持株会社デフタ・パートナーズグループは現在、アメリカ、イギリス、イスラエルでPUCというコンセプトのもと技術体系を構築。2004年には東京とソウルに拠点を設けた。05年にインテルと合併したオープラス・テクノロジーをはじめ、ゾーラン、オーレン、XVD、フォーティネットなどの企業群を育て、ポスト・コンピュータ時代の新産業を先導する。

アメリカ共和党のビジネス・アドバイザリー・カウンシル評議会名誉共同議長、国連経済社会理事会CISRI常任監視団大使兼UNONG WAFUNIF代表大使、財務省参与、税制調査会特別委員、産業構造審議会委員、(財)アライアンス・フォーラム代表理事、(財)原総合知的システム基金理事。研究開発型ベンチャー企業の育成に適した税制や株式市場のあり方、新技術を用いた途上国の支援など幅広い分野で積極的な提言と活動を行っている。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

原 丈人

1952年大阪生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、考古学研究を志し中央アメリカへ渡る。スタンフォード大学経営学大学院、国連フェローを経て同大学工学部大学院を修了。29歳で創業した光ファイバーのディスプレイメーカーを売却後、主に情報通信技術分野で新技術を創出する企業の育成と経営に注力。90年代にソフトウェア産業でマイクロソフトと覇を競ったボーランドをはじめSCO、ユニファイ、ピクチャーテル、ウォロンゴング、トレイデックスなど十数社を成功に導き、シリコンバレーを代表するベンチャーキャピタリストのひとりとなった。事業持株会社デフタ・パートナーズ会長。アメリカ共和党のビジネス・アドバイザリー・カウンシル評議会名誉共同議長、国連経済社会理事会CISRI常任監視団大使兼UNONG WAFUNIF代表大使、財務省参与、税制調査会特別委員、産業構造審議会委員、(財)アライアンス・フォーラム代表理事、(財)原総合知的システム基金理事。研究開発型ベンチャー企業の育成に適した税制や株式市場のあり方、新技術を用いた途上国の支援など幅広い分野で積極的な提言と活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

amazonから

2009/05/20記載

図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本 岩崎 剛幸(著) (2005/06) 秀和システム(発行)

図解入門業界研究 最新アパレル業界の動向とカラクリがよーくわかる本 2005/06(発行)

岩崎 剛幸(著) 秀和システム(発行)

今までのアパレル業界の常識を覆すこの1冊。めまぐるしく変化する同業界において何が成長の決め手になるか。業界人だけでなく、成熟した業界に身をおき現状打破することが難しいすべての人にとって必要な情報となっています。

アパレル業界の現状や問題点、業界内の勢力関係、今後の業界動向などを調査し、図やグラフにまとめ、誰もが業界の全貌を理解できるよう詳しく解説。マーケティング的な視点を取り入れ、業績を向上させるための戦略を整理する。

amazonから

  • サイト内参考用語
    1. アパレル

2009/06/01記載

patagonia-tarzan.jpg (58326 バイト) 〈パタゴニア〉が教えてくれること

 Tarzan(編集)  マガジンハウス(発行)

2002年7月発行
大型版 146ページ

ペットボトルをフリースとして衣料に生かしたアウトドアウェアー・メーカーとして有名な”パタゴニア”
  他に、オーガニックコットを多用する等環境問題に真摯に取り組む。利益の10%を環境関係に寄付
  この理念に敬服します。

  まじめに網羅した一冊。これからのアパレルの方向を示唆する企業理念。一度目を通しておきたい本です。
  あえて言えば、企業理念について深く掘り下げて欲しかった。

★★

2006/08/20 記載

エルメス (新書)

 戸矢 理衣奈 (著)  新潮社(発行)
2007/06/01 記載

ザ・ハウス・オブ・グッチ

 サラ・ゲイ フォーデン(著) 実川 元子(訳)  講談社(発行)
2007/06/01 記載

どうして売れる ルイ・ヴィトン

 堺屋 太一(著)  講談社(発行)
2007/06/01 記載

ブランド帝国LVMHを創った男 ベルナール・アルノー、語る

 ベルナール・アルノー (著)  日経BP社 (発行)
2007/06/01 記載
技術関係スタイリング関係専門書辞書関係デザイン関係 ファッション・ビジネス関係雑誌Illustrator関連Web関連その他
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料