ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

即答用語 ファッション・デザイン用語

アパレル用語集 2008アパレル用語集 2007アパレル用語集 2006アパレル用語集の解説|即答(未調査)用語)|参考書籍

即答なので私見で書いております。間違いや勘違いがあるかも知れません。ご留意下さい。

来料加工

CATCHING FACING

右上前

ガジェット

ブッシュパンツ

ダスリー

Suiting (sutingの検索だったが、恐らく間違いだろう)

スーチング

 よく使われますよね。辞書で調べると「服地」という訳でした。アパレルではもう少し広い範囲の意味で使われることが多いように思います、特に、メンズのアパレルで。つまり、「スーツしている」って感じのニュアンスです。直訳な感じですが、スーツのスタイリングや、もちろんスーツ地、上手にスーツを着こなす。カジュアルに対してスーチング。そんな感じです。これが、インターナショナルかどうかわ分かりません。

2008/08/20記載

Upper Leg

クチュリエ

Couturier(仏)

 フランス語の男性デザイナーの事。女性のデザイナーはクチュリエール(couturiére)といいます

2008/08/20記載

シフトドレス

ひも

アンコン

Unconstructive

 アンコンストラクティブの省略形。コンストラクティブの否定形なので、「構築的ではない」という意味だが、80年代、ジョルジュ・アルマーニが提案した紳士服のデザイン又は、作り。ソフトテーラーリングにつながる紳士服の大きな流れになった。
 紳士服の伝統と言えば英国のスーツだが、それらは非常に手の込んだ仕立てを行い、毛芯やパットなど多くの附属を用い、身体に合わせるように立体的に仕立てられる。それに対して、アンコンはそれらの附属や仕立てを出来るだけ少なくし、軽くソフトに作る事を目指した。この思考は実は、ブルックス・ブラザースによって1800年代の後半に挑戦されていた。(参照 アイビー・ルック

    Constructive
    a. 構成[造]上の, 構成的な; 建設的な; 推定上の

    goo辞書

     アンコンには2つの側面がある。一つは、消費者のニーズによる物。一つは、既製服のフィット性の限界への回答、あるいは本質的な方向性。
      ファッションには大きな方向性として、「軽い」、「薄い」、「楽」がある。究極的には、何も身に付けないことが人としてはあるべき姿なのではないかとする考え方。鎧のような服は出来るだけ着たくない。それが、着用者のニーズであり、未来的な服のあり方である。精神的には、「より自由」、「よりフランク」、「よりセクシー」な方向。それらを段階的に提案するのが、ファッションであり、モードである。片や、製造としての服作りでは、工程を簡素化し、副資材を省略することが、本来的な目標である。コストや、原料の削減につながり、より多くを量産する方向を目指し、それを歓迎する。この2つが、根底にあり、ファッションは流れている。その大きな表れが、アンコンの流行であり意味だと言える。

    2008/08/20記載

    アンサンブル

    ゴアード スカート

    上胴

    キャンバス釦

    Canvas Button

     大学で公認の釦のデザイン。はキャンパス(Campas)釦。キャンバス(Canvas)地で包んだ

    2008/08/20記載

    衿ぐり

     ネックホール。 衿を付けるためのくり。首の為の穴(くり)。

    2008/08/20記載

    ラッフル

    2008/08/20記載

    バックベルト

    Back Belt

     後側、後身頃に付けるベルトの事。
    コートやジャケット等に多く用いられるが、デザインとして形骸化し付けられることもある。軽衣料のブラウスや、中衣料のドレス等にも付けることがある。限定的物ではないので、あらゆる物が可能。目的は、古くはポロ・コートに付けられたように、ウエスト付近を締める為である。前面に大きな影響がなく、スリムにし、服自体が動きの邪魔にならないようにする配慮であった。

    2008/08/20記載

    外套

    Coat

     コートの古い言い方。

    2008/08/20記載

    股ぐり

     パンツの股のくり。

    2008/08/20記載

    バルーン

    Baloon

     風船のような形状、シルエット。
     1970年代に高田賢三が発表して、話題になった。また、近年また流行している。

    2008/08/20記載

    コンポ

    コントア

    コードエンド

    つるし

    Ready-Made Clothes

     既製服の事を指して呼ばれる呼称で、1960年頃までは頻繁に使われた。大抵は、オーダー(誂え)に対して「つるし」という言い方をする。

     「つるし」とは、「吊るし」で既に出来上がって吊るされている服のことから呼ばれるようになった。オーダーに対して揶揄した表現で用いられた。その頃は、特に紳士服、婦人服のほとんどが、オーダー(誂え)で仕立られていたことから、既製服は質の悪い物として敬遠される傾向があった。

    2008/08/20記載

    フィッティング

    Fiting

     一般的には、小売業での販売の為の試着を意味するが、メーカーでのトワル・チェック(仮縫い)を指す場合もある。

    2008/08/20記載

    デフォルメ

    deformation

     元ある形を、製作者の意図に基いて作り直す事。

    2008/08/20記載

    トータル コーディネート

     足から頭までを含む全てのコーディネイト。ブランドの方向性を指す場合にも使用する。何を作っていくのか。全てのアイテムをデザインしコーディネイト出来る様にするブランド。

    2008/08/20記載

    別注

    別途注文
    別枠注文
    OEM

     取引形態の一つで、文字通り、通常のオーダー(注文)とは別のオーダー(注文)という「別枠(別途)注文」の省略形です。アパレル業界では取引の中で頻繁に使われます。通常の取引とは別の取引形態をとります。

      目的は、
      1. 別色やディテールを替え、よりオリジナリティーを高めた商品を仕入れる
      2. 取引先の機能(企画、生産、資本)を利用し、意図したものを商品化して貰う(=OEM)
      3. 大量に仕入れるなり、早期決済するなりして、仕入れ価格を通常取引よりも抑える
      4. フィックス(独占買い付け)し、自社のみの取り扱いにし、市場で優位に立つ為
        等、いくつか考えられます。

     業界では、製品の流通を「川」に喩えて、「川上」、「川中」、「川下」と商品の流れを顕す事があります。つまり、商品は上から下に流れ、「オーダー(注文)」はそれとは逆に行われます。「別注」はその、それぞれの取引の段階で存在します。

      • 小売店⇒中卸
      • 中卸⇒問屋
      • 問屋⇒生地問屋
        • ⇒附属屋
      • 生地問屋⇒機屋
      • 機屋⇒糸商
      • 糸商⇒原料屋(大抵は商社)
    2008/08/20記載

    ペグトップ

    Peg-top

     洋ナシ方のこまの形状に似ていることから呼ばれるようになったパンツの形状で、腰部分に多くゆとりがあり膨らみ、裾に向かって細くなっているパンツ。ジョッパー・パンツと同様の形状だが、本来ジョッパーパンツは他の機能もありまた、現在使用されているジョッパー・パンツ(ブリーチーズ)とはかけ離れたシルエットである為ペグトップと呼称する方がデザイン許容範囲が広い。

      peg top
      (西洋ナシ形の)こま
      腰部が広く先細のズボン
      .
      peg-top
      (ズボンなどが)こま形の
    2008/08/20記載

    トロカデマ

    sasa

    ヒップ ・ボーン

     70年代に流行したミニ・スカートジーンズに多く見られるウエスト位置の低いボトム・デザインの事。

     2000年頃からの流行も同様のデザインだが、ローライズと呼ばれる。ヒップ・ボーンは腰骨に乗っかったような状態を呼称した物で、ウエストのくびれを強調し女性らしさを演出する事が出来る。同時にメンズ・ファッションにも同様な流行が見られたが、レディースほど低くはならなかった。しかし、近年の流行では、元々は、「腰パン」として若年層の反社会的な態度や状態を示す流行として、通常の股上のパンツをずらして履く流行から変化した物でレディースほど低い股上か腰パン」として履くためウエストベルト位置の低い履き方もある。ヒップ・ハンガー、ヒップ・ハガーともいう。

     参照 ミニ・スカート

    2008/08/20記載

    ファッションコード

    ファッションコード 40cm

     ドレス・コードの事ではないでしょうか??? ないようです。

    2008/08/20記載

    展示会

     商品を展示販売(受注)する催しの事。

     一般的には、商品投入までの生産期間の猶予と調整期間をとれる時期に開催し、時期の商品動向をお披露目する目的で行われる。

    2008/08/20記載

    まるかん

     機械カンヌキの一種で、丸く刺繍のような形状のカンヌキの事。

    2008/08/20記載

    ストライクスルー

    strike through

     抹消する.

    2008/08/20記載

    スイング・ジャケット

     スウィング・トップの事。(でしょうか)

    2008/08/20記載

    段さらい

    什器

     店頭や、展示会等で商品を展示するための機材。

    2008/08/20記載

    ジェッテッド

    Jetted Pocket

     ジェッテド・ポケットの事でしょう。玉縁ポケットの事。

    2008/08/20記載

    前割れ

    上代

    Price

     商品価格について呼称の一つで、商習慣的な呼称と言える。上代、中代、下代の内の一つで、一般的には希望プライス(上代)と考えていいだろう。

     下代を、コストとする場合もあるようだが、一般的には、仕入れ値として扱われ事が多い。中代は、希に使われるが、下代を仕入れ値とした場合、存在しなくなり、下代をコストとした場合に、中代は卸値とする。アパレル業界の取引の中心は、小売と問屋(メーカー)にある為、どのレベルの取引でも、上代は「希望プライス」であり、外題は小売の引き取り価格「仕入れ値」を指すことが多い。それから、コストを推測する事が出来、「川上」(別注 参照)に向かって行く場合にも、そのレベル取引を指針としコスト管理される傾向が強い。

    2008/08/20記載

    下請け

     元受に対しての下請けで、一つのプロジェクトを共同で行うグループの一つを指すが、取引関係がある場合にプロジェクト・リーダーからの仕事の受託をする組織、会社の事を指して呼ばれる通称。

    2008/08/20記載

    振屋 (ふりや)

    Production Surrogate Business

     生産の代行を行う組織、会社の事(生産代行)。自社では製造機能を持たず、広いコネクションを利用して、アパレルの委託加工の受託を行う。受注を受けて更に配下の工場や生地問屋、附属関連会社等に仕事を振るために言われる通称。テレホン・ビジネスの典型的なもので、自社では何も生み出さない為、生産代行、特に小規模の組織指し揶揄して呼ばれる事が多い。

     多くは小規模の組織が多く、元アパレル生産担当者、デザイナー等により組織され、製品のレベルや、納期に合わせ工場の選定のみを行うことが多い。資金力に乏しいことが多く、地方の工場の営業機能として存在することもある。同様の事を商社等も行うが、利幅が少ないために億単位の受注をミニマムとすることが一般的。

    2008/08/20記載

    ディテール

    Detail

     全体に対しての細部の事。アパレル業界では、衿、カフス、ポケットやパーツのデザインの事を指して用いられる事が多い。

    2008/08/20記載

    グランジール

    grandzeal

    アメナス

    オケージョン

     TPOの一つで、オケージョン(Occasion 場合)の事。T(Time 時間)、P(Place 場所)、O(Occasion 場合)として、洋服のコーディネイトの基本概念として言われる事が多い。VAN Jacket創設者の石津謙介さんが提唱したといわれている(参照 アイビー・ルック

    2008/08/20記載

    ホッブルスカート

    バルキー感

    Bulky Feeling

    〔かさばった、分厚い、の意〕衣服が、太い糸でざっくりと編まれてかさばった感じである感じ。

     (例) バルキー・セーター

     参照 goo辞書

    2008/08/20記載

    内見会 (ないけんかい)

     通常の展示会よりも小規模又は、限定的な展示会で、アパレルにより目的は多岐に亘る。

      目的は
      1. 社内の直営店の店長等に向けて時期の商品の紹介を行い、意見等を求める
      2. 展示会に向けて先立って行われ、マスコミ関係者、主要取引先等を招待し、意見を求める
      3. 展示会間に行われ、取引の継続性を維持する
    2008/08/20記載

    セカンドライン

     高級メゾンの量産体制で作られたブランドの事。ブリッジ・ラインとも言う。

     メゾンのイメージを傷つけず、購入しやすい価格帯にし、売り上げを確保する事を目的とした市場インの為の商品群。

    2008/08/20記載

    ファースパターン

     ファースト・サンプルを作るために作成される型紙の事。希にプロト・パターンとも言う。

    2008/08/20記載

    肘線

    ボヘミアン

    ジプシー

    カウンター・カルチャー

    コンサバ

    アメカジ

     アメリカン・カジュアルの短縮した呼称。

    2008/08/20記載

    イタカジ

     イタリアン・カジュアルの短縮した呼称。

    2008/08/20記載

    コンブレ

     紺のブレザーの短縮した呼称。通常、紺のブレザーに金ボタンが付いたジャケットの事を言う。1980年代に流行した。コンブレに白のシャツ、色落ちしたジーンズが定番となった。

    2008/08/20記載

    オーバーシャツ

    Over Shirt

     通常シャツはパンツやスカート等のボトムスの中に入れて着用する物だが、外に出す為に作ったシャツの事を指して呼称する。同じく、ブラウスも、オーバー・ブラウスいう。

    2008/08/20記載

    ハンマー・ループ

    Hammer Roop

     カーペンター・パンツオーバーオールの右後脇に付くループの事。ハンマー・フックとも言う。ジーンズの歴史を調べ中なのでもう少し詳しい記載が出来ると思います。

    2008/08/20記載

    decollete

    デコルテ
      decollete
      a. (婦人服が)えりぐりの大きい
      decolletage
      n. デコルタージュ. 大きなえりぐり(の婦人服)
        goo辞書
    2008/08/20記載

    股抜き

    ネルシャツ (ねるしゃつ)

     フランネルに似せたコットンのシャツ生地の事。荒めの平織に起毛加工を施した物。

    2008/08/20記載

    インレイ

    Chest Width

    クレリカル(ガウン CLERECAL GOWN)

    ランクル (らんくる)

     ランニング・クルーネックの省略形。ランニングの形状のクルー・ネック事。

    2008/08/20記載

    QC

    FOB

    ドベーシック

     「ド・ベーシック」と書くのが正しいだろう。たまに使われる語彙だが、ベーシックの中でも、誰が見てもベーシックな物。あるいは、ベーシックすぎる物等を指して呼ぶ通称。「ベーシック過ぎる」とか「ベーシックで使い物にならない」などの意味合いがあり、デザイン上でベーシックのさじ加減を言うことが多い。

     他にも、沢山面白いアパレルで日常的に使われる言葉があるのですが、どっぷりつかっていると出てこないものです(笑)。

    2008/08/20記載

    レイアード・ルック

     重ねて着用することによって得られる効果を期待するコーディネイトの事。シャツ・オン・シャツ、ジャケット・オン・ジャケット、コート・オン・コートなど同一アイテムを重ねることが多い。1970年代後半に流行した。

    2008/08/20記載

    開襟

    Open Callor

     ワンピース・カラーの第一ボタンを外した状態の衿の形状の事又は、そのような着方。

     コンバーチブルになっており、第一ボタンを留めることも出来るようになっており、製品の仕上げの状態を「開襟」という事もある。一方、テーラード・カラーとして作る衿の事を言うこともあるが、本質的には別物である。テーラード・カラーはあくまでテーラードの作りをしており、開襟は基本的にワンピース・カラーとするのが本来的である。

    2008/08/20記載

    インターカラー

    アメリカン・スリーブ

     多くは、カットソーで出来ておりのランニングに似た形状だが、後が肩甲骨の出るようなカットのデザイン。ドレスやワンピース等でも用いられる事がある。近年はカジュアル・ベストなどにも用いられることもある。

    2008/08/20記載

    ガーリッシュ

    ボレロ

    ベアトップ

     胸を隠す程度の高さのカッティングのトップス又は、ドレスで、ストラップも何も付いていない物。

    2008/08/20記載

    ランバパンツ

    デタッチャブル

    ヒュンメル:FUNデタッチャブルトライアルトップ【サッカー ウィンドブレーカー】
    de-Touchable

     デタッチャブルが英語として成立しているのか不明。リタッチャブルではないのか。しかし、間違いなく用いられている。意味は同じく、着脱可能。

    Levi's 70500-0012 ( メンズ・リーバイス・シェルパ・トラッカージャケット/デニム )
    re-Touchable
    2008/08/20記載

    生産 (せいさん)

    Production
    生産管理 (せさんかんり) production control

     アパレル・メーカーと呼ばれる業態の一つの業務で、生産管理と言われる業務又は、部署の事。

     メーカーは一般的には製造問屋形態をなしており、製造業であり小売業とは区別される。事実上は、生地メーカー(又は、問屋)から生地を仕入れ、縫製工場に委託加工を依頼するというシステムを採っている。近年直営店舗をもついわゆるSPAの形態をとる中堅の企業も増えている。製造問屋では、企画、生産、営業の3本の柱があり、その内の製造に関する業務を行う「生産」に中る3本の柱の内の一つ。業務の内容はアパレルにより若干違いがあり、業務の責任範囲も違っている。最大の業務としては、委託生産の工場との連携をとる事にある。納期管理、品質管理、コスト管理等製品の出来不出来に大きな責任がある部署と言える。

    2008/08/20記載

    尻ぐり

     パンツの、主に後中心の縫い目に中る箇所。パターン上ではヒップラインからワタリ線の間のカーブの部分のみを指すこともある。

    2008/08/10記載
    (2008/08/20記載)
    アパレル用語集 2008アパレル用語集 2007アパレル用語集 2006アパレル用語集の解説|即答(未調査)用語)|参考書籍
    ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
    NYA Logotype
    • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
    • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
    Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料