ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

ポロシャツ -Tennis Shirt- ファッション・デザイン用語

ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
映画「卒業」から 茶のジャケットに紺のポロシャツ

ポロシャツ (ぽろしゃつ)

Tennis Shirt
Polo Shirt (和製英語)

 ポロ競技の選手が着用するプルオーバーの鹿の子カットソーの半袖シャツ。
  もともとは、テニス・ウェアーとしてデザインされたものを、特にユニフォームのなかったポロ競技の選手に愛用されたのが、名前の由来と言われている。イギリスで始まったこの競技は、 スノッブなスポーツとして社交の場ともされていたことから、「ポロ」の名前のつく衣類はいくつかあり、同名のブランドもある。

HIGH FASHION FACTORY ジョン・スメドレーの衿

 日本では、アイビー・ルックと共に1960年代の流行し、コーディネイトのし易い事と、運動量があり、着装感が楽なことから流行に関係なく多く着用されている。また、スポーツ・ウェアーとしても普及している。
 開発者のルネ・ラコステは、テニス・プレイヤーだったが、多くのスポーツ選手との交流があり、スポーツに必要とされていた吸湿性や、運動性、それに、清潔感のある服を開発したかった。その為、ポロシャツは、テニス、ポロ、ゴルフ等の多くの競技で着用される事になった。海外では、テニス・シャツと言われる。

    デザインの特徴
    • 生地
      1. 鹿の子ジャージー
      2. スムース天竺等も使用される
      1. スタンド・フォール・カラー(編みたてリブ) HIGH FASHION FACTORY ジョン・スメドレーの袖
        1. ほぼ長方形で、衿の端がリブの編み目で終わる衿で、本縫いで接ぎ合わせるか、共布テープで縫い代を始末する。
          (一般的なポロシャツの形状)
        2. 減らし目を使い衿先の形状が尖ってナローな衿で、リンキングで身頃と合せる
          (特殊な衿と言える。著名なブランドでは、ジョン・スメドレーが採用している形状。よりデザイン的、高度な技術、希少性があると言える)
    • HIGH FASHION FACTORY ジョン・スメドレーの裾
    • 開き
      1. 前中心短冊開き(プルオーバー)、釦止め
      2. バインディング開き、釦止め
      1. 振り2本針始末、脇スリットが通常のデザイン
      2. 編み出しのリブ始末(ジョン・スメドレー・タイプ)
ポロ競技のプレイヤー−1 ウィッキーペディアから
    ポロ競技とポロシャツの起源と歴史、関連事項
    • ポロ競技の起源(2説ある)
    • 1850年代 (近代ポロ競技の始まり 2説ある) ポロ競技のオリンピック・マーク ウィッキーペディアから
      • インド北東部マニプール州で、英国人の紅茶プランターが現地の騎馬球技に出会ったことに始まる
      • インドに駐留中のイギリス連隊が、イギリスに持ち帰った事に始まる
    • 1896年
    • 1910年
    • 1933年
        ルネ・ラコステ(テニス・プレイヤー)が引退して、ワニのマークのポロシャツを発売した (仏)
          ルネ・ラコステ 1927年 世界服飾史から

          ルネ・ラコステ

           ラコステは、ウィンブルドンなどでも活躍し殿堂入りしたが、その激しいプレー・スタイルから、「ワニ」というニックネームで親しまれていた。その為、引退後4年目に、「ワニ」のマークを左胸に配した、ポロシャツのデザインを考案した。当時、フランス最大のニット衣料品製造会社を経営していた実業家、アンドレ・ジリエ(Andre Giller)の協力を得て、ポロシャツのデザインを手がけた。
          鹿の子」はラコステが開発した素材という説がある。

          ---
    • 1959年
        日本では、今上天皇(明仁) ご成婚により、テニス・ブームが起こり、合せてアイビー・ルックの流行もあり、多くのポロシャツ・メーカーが顔を揃え、製品を供給し流行した。 ポロ競技のプレイヤー−2 ウィッキーペディアから 1900年のポロ競技のプレイヤー ウィッキーペディアから
        1. アーノルド・パーマー
        2. クロコダイル
        3. ラコステ
        4. ジョン・スメドレー

2005/07/03記載 2007/10/20追記

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料