ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

ファッション・デザイン用語 (か)

ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

貝釦 (かいぼたん)

Shell Button

高瀬貝釦 17型 白 高瀬貝釦 17型 黒 高瀬貝釦 17型 茶 高瀬貝釦 17型 生成

貝で出来た釦。

2006/03/01記載 11/20追記
エティック・ウェザーカーゴ・パンツ

カーゴパンツ (かーごぱんつ)

Cargo Pant

 太股(ふともも)又は太股の脇にパッチポケットの付いたパンツの事。作業着やミリタリー・ウェアーに多く見られる。

 70年代2000年初頭からタウンウェアーとして流行した。ミリタールックの一つのアイテムとして認識されている。名前の由来は、貨物船の乗組員が履いていた事から付けられた。

2008/03/10記載

飾り釦 (かざりぼたん)

Decoration Button

 又は、Ornamental Button

  • サイト内関連用語
2008/03/10移動

カシメ (かしめ)

Rivet

リベットとバーの組 YKKからの引用 (Riet-Burr-1) リベットとバーの打ち込み後 YKKからの引用(Riet-Burr-1-2)

 リベットを使ってかしめる事から、かしめといわれるようになった。元々は、衣料品以外で使われていた金具だが、衣料品では通常、ジーパン等のデニム素材の製品のポケット口等に補強の為に使用される。また、デザインとしても使われる事もある。

 鋲(ビョウ)とも言う。

2005/06/17 記載 2006/02/20追記 2007/05/10追記
麗しのサブリナ カシュクール バックスタイル 麗しのサブリナ ショートパンツ Front Style

カシュクール (かしゅくーる)

Cache Coeur (french)

 中心が行き違った形のトップス。着物のような深い合わせの打ち合いで、体を中心に巻きつけるような作りの服の事を指す。過去 1980年代に流行した。2004〜6年の流行は胸を強調するタイプの物と、ブラウジングを楽しむタイプの物の2主流がある。タンクトップの物や、ブラウス・タイプの物、ドレス(ワンピース)の物等多くの アイテムに多彩に展開されている。

カシュクール下着 Cache Coeur
    フランス語で、 
    • カシュ(Cache)=隠れた、人目につかない。
    • Cache-Cache=隠れん坊、行き違い。
    • クール(Coeur) =心臓、中心、核心

  オードリー・ヘップバーンのボート遊びの時のコーディネイト。1954年日本公開。メンズのシャツを巻きつけた着こなしは当時はセンセーショナルだったのではないだろうか。

2007/01/01記載

カゼインボタン (かぜいんぼたん)

Casein Button

IRIS カゼインボタン

 牛乳を原料としたプラスティック(合成樹脂 plastic)釦。≒ラクト釦

  地が白色な事で、発色がよく、染色が容易で、生地との色合せに最適で、硬度が有、熱や薬品に強く、エコロジカルな人工素材の安価な釦。
カゼイン(casein) は牛乳に含まれるタンパク質の一種

アイリスのボタンギフト

  牛乳に酸を加えて沈殿して出来るプラスティック(合成樹脂 plastic)。象牙に似た質感があり、釦、印章等の工業製品に利用されている。

2007/05/10追記

ガゼット

Gazette

Gazette (英語)
n., vt.
新聞;
〔英〕(G-)((普通受身で)) 官報(で公示する)
goo辞書
Gazette (フランス語)
【女】
1、(昔の)新聞、雑誌[今日ではいくつかの新聞名に残る]
      Gazette de France「ガゼット・ド・フランス」(18世紀の週間新聞)
2、情報屋、おしゃべり
クラウン 仏和辞典 三省堂(発行)書籍レビュー
1920年版のラガゼットデュボントンです。

La Gazette du Bon Ton (ガゼット・デュ・ボン・トン)

 1912年11月に創刊されたファッション雑誌。スペイン語で書かれた雑誌で、「今世紀最大のモード誌」と言われている。途中第一次世界大戦で休刊した年を省き、1925年12月までの7年間(全70号69冊合本14冊)発行された。「アール・エ・デコラシオン」誌の編集長を務めたリュシアン・ボージュルが発行した。

 ポショワール技法(20世紀初めから1930年代まで用いられた手彩色による版画の技法)により製作された版画の雑誌であった。

 「上品で美しい雑誌」の意。副題には『art,modes et frivolites(芸術・ファッションと婦人装身具)』

    代表的なクチュリエ
    1. ポール・ポワレ
    2. ウォルト
    3. パキャン
    4. ドゥイエ
      等によってデザインされた最新のモードを発表した。(アールデコ、アールヌーボーを代表する)
    イラストレーター(挿絵画家)は
    1. バクスト
    2. バルビエ
    3. マルタン
    4. マルティ
    5. ベニトー
    6. ブリュネレスキ
    7. ルパップ
    8. イリーブ
    9. デュフィ
    10. ドリアン
      等が豊かな色彩で描いたものである。
2008/12/10移動

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味
備考 4terms
ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料