ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

ラグラン・スリーブ -Raglan Sleeve- ファッション・デザイン用語

ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
トレンチコートのラグランスリーブ後 トレンチコートのラグランスリーブ前

ラグランスリーブ (らぐらんすりーぶ)

Raglan Sleeve

 えりぐりから脇下へ向かう切替で身頃に付く

JISハンドブック 繊維一覧 書籍レビュー

 前後の衿ぐりから脇下へ掛けて切り替えて作るで、その肩部分から続く袖。概ね袖ぐりが深く、丸い肩線を作る。

  由来は、クリミア戦争1853〜1856年 英&仏 対 露)中、英軍司令官ラグラン将軍が開発したところから付けられた名前。

特徴

    • 袖ぐりが深い
      • 負傷者も楽に着る事が出来る
    • 斜めの切替、身頃からに続く
      • 縫い目から、雨がしみこみにくい
    • 運動量が多い
      • 合図を出すときに腕が上がりやすくする

ラグラン・スリーブの理由

運動量を確保する為の構造上の理由
Aquascutum(アクアスキュータム)ラグラントレンチコート 脇身頃</a> Aquascutum(アクアスキュータム)ラグラントレンチコート(ライナーなし)【KINGSGATE】/ベージュ 前

 袖ぐりの深さと運動量は、袖山を一定とした場合、反比例するものであり、この通説には間違いか、一部解説が欠けている。仮に、運動量を優先させる場合は、近年流行の袖ぐり鎌深)の浅いデザインがセットインスリーブ、ラグランスリーブにかかわらず最適である。袖ぐり鎌深)を深くし、運動量を出す場合、セットインスリーブ、ラグランスリーブに関わらず袖山を低くしなければならない。それでは、袖ぐり鎌深)を深くし(負傷者の腕が入りやすくする為に開発された)、運動量を出す(合図をするために開発された)には、なぜ、ラグランスリーブが最適だったのだろうか?

  1. セットインスリーブの場合
    • 袖巾を広げる事になり、構造上前後に余分な余りが出来てしまい、袖を下ろした時にその余り分が邪魔になる上、見た目にもいいとは言えない。
      • セットインスリーブで、運動量を出す方法としては、狩猟用ジャケットで開発された、ピボット・スリーブがあるが、これも同じ考え方で、マチガセット)の形状を裁ち出しとしたデザインで古くから用いられていた。ただ、袖ぐりを深くするには限界がある上、一定の形状を超えることは出来ない。
  2. ラグランスリーブの場合
    • 同じく袖巾を広げる事になるが、構造上袖下にマチ(ガセット)を付けるのと同じような形状を作る事が出来る。つまり、運動量を出すための分量を脇下と袖の外側に分散出来る事になり、フォルムを崩す事が少ない。

 つまり、補足としては、「袖ぐりを深くし、尚且つ運動量を出すのに適したデザインのとして採用された。」と言う事であろうか。

防水効果を得る為の構造上の理由
Aquascutum(アクアスキュータム)ラグラントレンチコート(ライナーなし)【KINGSGATE】/ベージュ 後 Aquascutum(アクアスキュータム)ラグラントレンチコート ディティール

 雨は通常頭上から降り注ぐ。当たり前のような話だが、嵐の場合は、斜めや横、下からも降り付ける事がある。トレンチ・コートは天候に対応して作られているので、嵐にも考慮されている。しかし、ここでは頭上からの雨を想定してラグラン・スリーブの構造を考察してみる。コートを着用した場合、肩の部分で、最も多く雨を受ける事になる。その場合、

  1. セットイン・スリーブの場合
    1. 肩線。肩の接ぎ目からの雨の進入がある
      • 実際のところ、肩章(エポーレット)や、ケープ・バックにより緩和されるよう処置されている
    2. 肩先、つまり肩の接ぎ目と、袖付けの接ぎ目の線が交差した箇所が、最も雨の進入のウィークポイントとなる。2つの接ぎ目がTの字に交差し、首の側から伝い落ちてくる雨の溜り場になる事になる。
  2. ラグラン・スリーブの場合
    1. セットインと同じく、肩の接ぎ目からの雨の進入がある
    2. 袖付の接ぎ目が肩の接ぎ目と交差する事が無く、袖付は前後身頃に振り分けられている事で、直接の雨の打撃を受けることが無い
(2008/02/20)
    ラグラン・スリーブとアクアスキュータムの歴史
    • 1851年
        ジョン・エマリーはロンドンのリージェント・ストリート46-48番地に紳士服店を開店
    • 1853年
      • ジョン・エマリーたちは、ウール地に防水処理を施し、高い撥水性としなやかさを併せ持つ布地を完成
      • 店の名前を「Aquascutum(アクアスキュータム)」と改称
      •  アクアスキュータム= ラテン語の「水」と「盾」をあわせた造語

        ---
    • 1854年
      • クリミア戦争(Crimean War)(ウクライナのクリミア半島)で、アクアスキュータムの防水性のコートが将校達に支持された
      • 開発の起因については2説ある

        1. 軽騎兵に突撃の合図をする際、もっと腕を動かしやすいよう
        2. 負傷者の腕でも袖を通しやすいよう(カーディガン

         初代英軍総司令官ラグラン将軍がエマリー社に要請し、考案、裁断されたと言われています

        ---
      ジョージ5世
    • 1897年
    • 1900年代始頃
        エマリー社でラグラン袖をコートに採用
    • 1910年頃
    • 1919年以降(戦後)
        兵士が持ち帰ったコートがファッションアイテムとして浸透

        トレンチ・コートの開発者

         本来トレンチコートで有名になったのは、アクアスキュータムで、初期のモデルは、ラグランスリーブであった。後に、ギャバジンバーバリー)を開発したバーバリーは、セットインスリーブの「タイロッケン」から、トレンチコートへ参入した。
         アクアスキュータムは、着用時「水を通した」場合は、無料で交換すると宣伝したが、そのクレームは一切無かった。それは、全てのコートに消防用のホースで水を掛けるというテストを行っていたからです。戦場からはクレームではなく、多くの感謝状が届いたと言われています。

        ---
        ウィンザー公
    • 1920年(〜1936年)
    • 1952年
    • 1990年
        (株)レナウンが買収する
    • アクアスキュータムの愛用者
      1. 王室
      2. マイケル・ケイン
      3. モダンブルー MACKINTOSH トレンチコート(ベージュ)
      4. ポール・マッカートニー
      5. ジュリー・アンドリュース
      6. ロジャー・ムーア
      7. ジェフリー・アーチャー
      8. マーガレット・サッチャー
      などの著名人が身につけていた
2007/01/20追記 2008/02/20追記 11/20追記

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味
備考
ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料