ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

ファッション・デザイン用語 (とろ)

ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

ドロップ (どろっぷ)

Chinese knot

ドロップショルダースリーブ (どろっぷしょるだーすりーぶ)

Drop Shoulder Sleeve

ショルダポイントに相当する位置よりも下がったそで付け線をもつ袖

ドロワーズ (どろわーず)

Drawers

 女性の下着(ズロース)を指して言うが、元々は中世のの男性用衣類であった。

  ヨーロッパでは近世になってから一部の女性が下着として着用するようになったが、本格的に普及したのは、19世紀になってからである。現在のショーツやブリーフの前身とされている。日本では1932年の銀座のデパート「白木屋」の火災以降普及したとされるのは有名な話である。

    種類  
  • ももまでの丈の物
  • 膝上の丈の物
  • 膝下までの物

参考 ズロース(Drawersが、日本語的に訛った物)

  (株)ユナイテッド・アローズ のブランド名
  ドロワー  (DRAWER)

2006/12/01 記載

トワル (とわる)

Toile(フランス語)

 又は、Linen、Canvas

 服の製品化の過程の一つで、パターンメイキングの過程で行われる、デザイン及びシルエット確認の為の、もっとも初期段階で行われる立体化の事。又は、それを作る為の生地(シーチング)の事。

 主に、シーチングや、金巾等、安価な生地を代用として、目的のシルエットやデザインの確認を行う。最初期の段階では、各社の規定ボディー(スタンまたは、トルソー、人台)に、仮止めして確認する。デザイナーがパターメイキングを行わない場合は、その後、半身又は、両身のシーチングでのトワル・チェックが行われる。その際は、ボディー又は、モデルに着せ付けて行われる。トワルとは、そのような用いられ方をされるシルエット、デザイン確認の為の仮の服又は、その生地といえる。

トワルチェック (Toile Check)

  トワルを用いて、デザイン、シルエット確認を、仮縫いという事もあるが、仮縫いは実際の生地または近い生地を用いて、しつけ糸で留めたり、荒く縫製したものを、着用者本人が着用し、シルエットやデザインの確認をする事をいうので、分けて使われるのが正しいが、曖昧に使われていることが多い。

    Toile
  • 布(麻、亜麻、木綿等の)
  • シーツ(複数形で)
  • カンバス、画布(絵画)
  • 背景を描いた布(演劇)
  • 帆(集合的)
  • 蜘蛛の巣

クラウン 仏和辞典 三省堂(発行)書籍レビュー

  等の意味がある。主に服飾では、「木綿の布」の意味として使われている。

また、その事をトワル・チェックともいう。

Fashion-Heart.com Toile
2006/03/31 記載
chamber berith(ベリト) ショールカラーハーフコート(ドンキーコート) 紺

ドンキー・コート (どんきー・こーと)

Donkey Coat

 衿が太番手のリブを使ったコートの事で、基本デザインは、リブが胸下まで続き、ショール・カラー形状を作り、深い打ち合わせのショート・コートの事。広くは太番手のリブを幅広に使った防寒用のコートの事も指すが、特に、スパニッシュ・コートと呼ぶ事もある。1960年代アイビルックの流行の際に流行したコート

Donkey
n. 【動】ロバ; とんま; 頑固者
donkey jacket
〔英〕 (厚手で防水の)作業着

goo辞書

Fashion-Heart.com

Internet Window Shopping 【インターネットで市場調査(市価調)】

♥ 市場調査、情報収集、製品仕様、消費動向をインターネットでもチェック
FREQUENT PAX ONLINE SHOP berith(ベリト)パラフィンコーティングコットンドンキーコート(カーキ)
2008/04/01記載 09/10追記

蜻蛉玉 (とんぼだま)

  • 細組みひも
  • うちひも

  • 結んだり
  • さまざまな形に整え
  • 同様のもう一方のひもの輪に掛けて用いる留め具の一種。

    丸形に結び、  
  • 束帯
  • 狩衣(かりぎぬ)
  • などの盤領(あげくび)に用いたので
  • 結び装束
  • しゃか結び
  • ともいった。

  中国に5〜7世紀から存在し、現代の中国服にも伝承され、その特徴となっているところから、チャイニース・ノットともよばれる。
  また、花形に結んだものの一端にとんぼ玉をつけたり、花形から引き出した輪にはめる留め具として、コートや被布に用いられた。

2006/03/01 記載

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
ファッション・デザイン用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料