ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

染色用語 (な)

染色用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

捺染 (なせん)

Textile Printing

印なつ操作を主体とする模様染め。広義には浸染に対する語

  • サイト内関連用語
    1. 対義語 浸染
2007/11/20追記

捺染のり (なせんのり)

Printing Paste

染料その他必要な薬剤が配合されている捺染に使うのり

ナッパ加工 (なっぱかこう)

又は、ナパラン加工 (なぱらんかこう)

Nappa Finish

 主に、に施される加工で、スエード床革などの表側になる面を銀面様にする加工。樹脂加工の一種。

フライト・ジャケットのB-3開発時に生まれた

B-3(オーチャードMC社製)

 1934年に採用されたアメリカ空軍のフライト・ジャケット、B-3は、空中戦の経験から生まれた防寒のための画期的な戦闘用フライト・スーツのジャケットだった。贅沢にも、シープ・シェアリング・ジャケットが採用され、超高度飛行からパイロットの体温を保つ事を主目的にされた。しかし、ハードな戦闘においては、オイル、酸、雨に弱い、スエード面が問題だった。それを、解消するために開発されたのが、ナッパ加工(ラッカー加工、アクリレイト加工)だった。それが、世界で初めて行われたナッパ加工だった。

皮面加工 (Double Face)

 毛皮は通常は毛の部分が表面(フェース)として使用されますが、皮面(毛皮の裏側)をきれいに加工して表面に使用できるようにすることをダブルフェースといいます。ムートン、ベビーラム、チキャンラム、ミンクなどといった皮が丈夫である程度厚みのある毛皮がこの加工に適しています。
 裏生地を使用しないため、非常に薄くて軽い製品に仕上がり、より高度な加工技術を駆使できるので、多用なデザイン展開が可能になります。
 ダブルフェースのうちで、皮面(毛皮の裏側)を染めてサンドペーパーで毛羽立たせスウェードとして使用できるようにする加工をスウェード加工と言います。
 スウェード状のダブルフェースの皮面を樹脂加工してレザー(皮革)の銀面のように仕上げた物をナパラン、またはナッパ加工といいます。なおナパランの場合はスウェードに比べて、汚れにくく手入れが簡単などの利点があります。

社団法人 日本毛皮協会 JFA

2009/03/01記載
2009/03/01記載

ナッピング (なっぴんぐ)

Napping

布面の毛羽を波状、玉状あるいはうず巻き状に仕上げること

なめし (なめし)

Tanning

 のタンパク質に化学的な処理をし、固定・安定化し、腐敗しにくくし、製品化した際の性質を向上させる為の製革工程の一つ。

    • 柔軟性
    • 通気性
    • 耐水性
    • 耐熱性
    が得られる。
    なめし剤
    1. クロムなめし
      • なめし画短時間で済み、経済性に優れ、柔軟性・保存性・耐熱性・染色性がよいなどの優れた特徴があり、現在では最も多く用いられているなめし方法。
      • クロムなめしした革は水色をしており、ウェットブルーと呼ばれる。
    2. アルミニュウムなめし剤
      • 古くからあるなめい方法で、白色で柔軟な革があられる。
      • 単独では耐水性や耐熱性に乏しく、他のなめし剤と併用するコンビネーションなめしに利用される
    3. ジルコニュウムなめし剤
      • 比較的新しい方法
      • 充実性のある、しっかりした銀面を持つ白色の革が得られる
    4. 植物タンニンなめし剤
      • 植物の樹皮などから抽出したタンニンを主成分とするなめし剤で、古くから用いられている。
      • クロムなめし革に比べて、伸びや弾力性が少なく、耐熱性が多少劣る。
      • 可塑性に富んでいて成形性がよい
        • 靴の底
        • ヌメ革
        • クラフト革
        • に利用される
    5. アルデヒドなめし剤
      • 単独で用いられる事は少なく、他のなめし剤とコンビネーションなめしに用いられる
      • アルデヒドの中でもグルタデヒドが多く用いられ、革はふっくらし、耐水性、耐洗濯性が向上する
    6. チタンなめし剤
2007/01/20 記載

ナフトール染料 (なふとーるせんりょう)

Naphthol Dye

下づけ剤と顕色剤を用い、繊維上で不溶性アゾ色素をつくる染料

難燃加工 (なんねんかこう)

flame proof finish

繊維品を着火又は延焼しにくくする加工

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
染色用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料