ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

染色用語 (さ)

染色用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

先染め (さきそめ、さきぞめ)

Stock Dyeing

ヨーロッパ服地のひでき ドイツ HAMMERLE コットン 地織り ハニカムストライプ 顔料染め プルシャンブルー

後染めと先染め

ヨーロッパ服地のひでき イタリー MICROTEX コットン 綾織り 縦落ち風 顔料プリント

 アパレル業界では一般的に、ピースダイと呼称される、後染め反染めの事。織物染色のリスクを軽減し、小さなロットへの対応策と考えられている。生機生地を経済ロット(約1,000M)で織り上げて在庫し、後に注文に合わせて反物単位で染め上げる方法。これに対して、先染めは、の段階、あるいはワタの状態で染め、織り上げて行く生産形態。こちらは、経済ロットに満たない場合、不足分の手間賃を織り上げた生地メーター数に加算する事になり高価な物になる事が多い。それを避ける為に経済ロットで織り上げた場合、売れなかった場合のリスクを持つ事になり、それを見越して価格が設定される事が多い為同様に高価なものとなる。しかし、発色性の面、強度、耐久性の面では、ピースダイに比べて先染めの方が優れており、色に奥行きと優れた質感と柔軟性が顕れ、生地として非常に高級感がある。

ヨーロッパ服地のひでき イタリー MICROTEX コットン 綾織り 縦落ち風 顔料プリント

 ファッションは色との戦いであると言っても過言ではない。その為、アパレル業界では、ピースダイが一般的な生地(無地)の染色方法で、先染めは、ストライプやチェック等の意匠性の高い物に用いられるのが殆どである。単色の生地(無地)には先染めを使うのは「ばかげた事だ」と考えられている。流行のスピードの速さが増した近年には余計にその傾向がある。リスク回避はビジネスの鉄則であるが、消費者の立場になって、改めて考えてみると、それらの事は知りたいし、仮に知った場合より優れた物が欲しくなるのは当然の反応だろう。しかし、それを誰も理解して貰おうともせず、理解しようともしない現状では、それらの事はこれから先も無視され続けていくだろう。つまり、無地物(単色で染められた生地)は品質的に劣っていて、価格も安いと言っても言い過ぎではないだろう。

ヨーロッパ服地のひでき イタリー MICROTEX コットン 綾織り 縦落ち風 顔料プリント

 しかし、上記の事情は日本国内においての話である。世界をマーケットとした場合、ロットの問題は簡単にクリアー出来る。その為、プルミエール等の世界規模の展示会に出品し販売を行っている生地メーカーの取り扱う無地物については、国内の常識は当てはまらない。優れた生地を多く排出するイタリアでは、無地に対する考え方も違っており、「無地のブルー」は現在でも基本中の基本として弁別閾も高いといわれている。これは、インポート素材がいいと言われる理由の一つである。日本は、これを文化の違い、歴史の違いとして、何時まで弁解し続けるのだろうか。

 もちろんピースダイには利点もある。その一つが経済的な効果効率だが、批判的に書いてしまったものの実質的には大きな利点である。他の利点も、言ってみれば「短所が長所である」と言われような事で、生機で織り上げられた生地に染色を行う為に、薬品によりいくらか生地が傷つく事になる。その為、意図しなかったような柔軟効果が得られる。また、染色の仕方によりその特徴を更に生かすことも出来る。近年では柔軟剤などの開発も進んでおり、染色工程の中で常識的に用いられている事から、ソフトなタッチに仕上げる事も出来る。染色、加工の成果ではあるが、優れた肌触りと質感も期待できると言えるだろう。これは、人間の知恵、化学の成果と言えるだろう。また、染料染めのみでなく顔料による染色でビンテージ風の味のある色合いを出すことも出来る。他に、二浴染め等による染め分けも計画的に行える。

(2008/10/20)
ヨーロッパ服地のひでき ドイツ HAMMERLE コットン 地織り ハニカムストライプ 顔料染め プルシャンブルー
2007/06/10記載 2008/10/20追記

サーモゾル法 (さーもぞるほう)

thermosol process

染液をパッドし、乾燥後、高温で乾熱処理して行うポリエステル繊維織物などの連続染色方法

さし色 (さししき)

模様染め、特に手がき染めのときに模様の一部に彩色を施したときの色

酸蒸熱 (さんじょうねつ)

acid steaming

酸を含んだ蒸気で蒸熱すること

酸洗い (さんあらい)

scouring

精錬又は漂白後うすい酸液で処理すること

酸化染料 (さんかせんりょう)

oxidation dye

アニリンブラックのように酸化剤により繊維上で酸化発色する染料

酸化抜染 (さんかばっせん)

oxidation discharge printing

酸化剤による抜染

酸化漂白 (さんかひょうはく)

oxidation bleaching

酸化剤による漂白

酸性ミリング染料 (さんせいみりんぐせんりょう)

acid milling dye

縮充などに対して堅ろうな一種の酸性染料

酸性染料 (さんせいせんりょう)

acid dye

酸性浴で羊毛・絹・ナイロンなどに染着性を持ち、セルロース繊維にはほとんど染着性のないアニオン性染料

酸性媒染染料 (さんせいしょくばいせんりょう)

羊毛などを主としてアフタクロム法により染色することのできる染料。クロム染料ともいう

サンフォライズ加工 (さんふぉらいずかこう)

Sanforised

 防縮加工の一種。
  麻、綿、麻綿混紡糸に施す物理的な防縮加工
  通常機織機は経糸を張った後に、横糸をシャトルによって織り込んでいくが、経糸の緊張が激しく織り上がった後に経て方向に縮む事が多い。 その為、糸の段階で先に機械的な縮みを加えておく方法である。
  元々は、アメリカのシャツ(アロー社)生地用に開発された加工法であるが、現在では、デニム、下着、その他、綿、 麻素材にほぼ用いられている。

 1928年。サンフォード・L・クルーエット(クルエット・ピーボディー社役員)が発明した加工法。名前の由来は、発明者の名前から取られたものである。 レストランのテーブル・クロスに思いついた加工法を書き込んでしまったが、それを、特許新案の先願の事実の証拠とした事が有名な話である。

サンフォード・クルエット氏 Sanford Kulet
2006/12/10記載 2008/07/01移動追記

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
染色用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料