ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

セルロース系繊維 -Cellulosic Fiber- 繊維用語(原料・糸)

繊維用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
セルロース分子構造 ウィッキーペディアから

セルロース系繊維 (せるろーすけいせんい)
セルローズ系繊維 (せるろーずけいせんい)

Cellulosic Fiber

 セルロース(Cellulose)を主成分とした繊維の総称(JISハンドブック 繊維 書籍レビュー

  広義では、植物繊維全般もセルロース系繊維であり、セルロースの定義そのものが、「植物の細胞壁の骨格を形成する物質で高分子」と言う事からも理解できる。 マーキュリーインク リヨセル95% RAY7月号掲載商品♪新作☆予約販売【エティック・極上リブタンク】 但し、一般的には化学的処理をされて出来る繊維、化学繊維の、再生繊維の内セルロース系繊維を指して呼ばれる事が多い。

  セルロースアミロース (amylose)、デンプン(澱粉、Starch)と同じ化学組成であるが、性質は全く異なる。アミロース、デンプンは水に溶け消化吸収する事が出来るが、セルロースは牛や馬などと違い、人には消化する事が出来ない。
 セルロース系繊維の工業原料は、主に木材パルプで、アカマツ、クロマツを中心に、エゾマツ、トドマツなどの針葉樹林が多い。 現在では、ブナ、カシ、ナラ等の広葉樹林が主体になっている。植物体を構成する細胞壁が主成分であり、全体の1/3〜1/2を占め、自然界の有機体の最大量である。再生繊維製造法については、3種あり硝酸セルロース法、銅アンモニア法、ビスコース法であるされてきた。 現在、有機溶剤(液)紡糸法(テンセルやリヨセル)の製法も加えると、4種になり、さらに、溶融紡糸法が新たに開発され、5種となった。

ヒップトラップ クロージング モダール100% MISS SIXTY FESTER DRESS
    再生繊維製造法
    • 硝酸セルロース法 (nitrocellulose)
      1. 1845年
          スコービン( 瑞西)ニトロセルロースを発明
          (硝酸と硫酸の混酸で木綿を処理して高硝化度のニトロセルロースを作る)
      2. アイラブ ランジェリー テンセル95% 【ワコール】ツモリチサト〜森の妖精〜キャミソール(カップ付きタンクトップ)
      3. 1855年
          H.B.de シャルドンネ伯(仏)により特許取得
      4. 1884年
        • H.B.de シャルドンネ伯(仏)製造開始
        • ニトロセルロース(セルロースと硝酸のエステル)のエーテル/アルコール混合液(コロジオン)の湿式紡糸
        • 後に、発火性の問題で、糸を加水分解し再生セルロース繊維に切り替える
      5. 第一次世界大戦前に
          発火性の問題から生産中止
    • 銅アンモニア法(ベンベルグ・ナイロン、キュプラ)
      1. 1899年
          M.E.シュバイツァー(独) 銅アンモニア溶液にセルロースが溶けるのを利用し、フィラメント化した。電灯用炭素繊維の原料用に工業化
      2. 1899年
          グランツシュトップ社 衣料用繊維の工業化
      3. メイショウグループの通販 テンセル95% シューバン ボクサーブリーフ
      4. 1906年(明治39年)1月12日
          曽木電気株式会社設立(旭化成)
      5. 1908年(明治41年)
          商号を日本窒素肥料株式会社に変更(旭化成)
      6. 1918年
          E.ティーレが紡糸法を工夫し、J.P.ベンベルグ社が工業化
      7. 1922年(大正11年)
          旭絹織株式会社設立(旭化成)
      8. 1928年
          旭ベンベルグ社(現、旭化成)特許を購入、製造を開始。現在、世界で唯一のベンベルグ(キュプラ)の製造
      9. 1931年(昭和6年)5月21日
          日本窒素肥料株式会社延岡工場が独立し、延岡アンモニア絹絲株式会社設立(日窒コンツェルンの一員)(旭化成)
      10. 1933年(昭和8年)
          延岡アンモニア絹絲株式会社は、日本ベンベルグ絹絲株式会社および旭絹織株式会社を合併し、社名を旭ベンベルグ絹絲株式会社と改称(旭化成)
    • ビスコース法 (安く、安全、用途が広事から最も優位に立つ)
      1. 1892年(特許申請)
          C.F.クロス、E.J.ビバーン、C.ビードル(英) ビスコースを発明
      2. 1898年
          C.H.スターン、C.F.トッファム(英) ビスコースからセルロース繊維を製造する特許を取得
      3. 1904年
          コートルズ社(英) 自国での特許実施権を買い取って、ビスコース法人絹の本格工業化を進め、最初の工場が建設された。
      4. 1913年
          泰逸三(日) ビスコースから素麺のような太い糸を作った
      5. 1915年11月
          秦逸三と久村清太 米沢市で東工業米沢人造絹糸製造所を設立(帝人の始まり)
      6. 1916年
          泰逸三(日) 工業化の実験を続け、400(1.5kg)匁の人絹糸を出荷した(帝人)
      7. 1918年6月17日
          東工業から帝国人造絹絲株式会社として独立する(帝人)
      8. 第一次世界大戦中
      9. 1942年
        1. ポリノジック繊維
            立川正三(日) 高重合度の原料を使い、紡糸条件を工夫し、高強度、高弾性率のレーヨンステープル(虎木綿)を開発。
            • レーヨンと区別して、ポリノジック繊維と呼ばれる
        2. HWMレーヨン(モダール)が海外で開発される
      10. 1968年
          レンチグ社のモダールの原綿をモリリンが総代理店取引を始める
    • 酢酸セルロース
    • 有機溶剤(液)紡糸法
        現在、最も環境に優しい製造法として注目され、多くの有効な植物を原料としている。竹(バンブー)、ケナフ、ユーカリ等
      1. 1970年後半
        • Akzo社からアミンオキシドに溶解し湿式紡糸する方法が特許出願される
        • Courtaulds社、Akzo Nobek(Acordis)社、Lenzing社など数社で研究開発が進められる
      2. 1988年
      3. 1990年代
          コートルズ社(Courtaulds)がアメリカ、続いてイギリスで工業生産を開始
      4. 1990年代遅れて
          レンチング(Lenzing)社 オーストリアで生産を開始
          モリリンが原綿の総代理店となる
    • 溶融紡糸法(熱可塑性セルロース法)
      1. 2005年(東レ プレスリリース2月18日
          東レと新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)および京都大学大学院西尾研究室と共同開発。シーアイランドコットンなどよりも更に細いフィラメントを作る事が出来る
セイルロースの構造式 ウィッキーエディアから
2007/11/10追記 2008/01/20追記

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
繊維用語Top>>| あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料