ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

縫製用語 (かこ)

縫製用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

加工 (かこう)

 製品加工(製品、半製品として出来上がった物)に施す、後加工法を中心に編集。

  • ケイミカル・ウォッシュ
  • ケイミカル・バイオ・ウォッシュ
  • サンド・ウォッシュ
  • ストーン・ウォッシュ
  • スノー・ウォッシュ
  • バイオ・ウォッシュ
  • バイオ・ストーン・ウォッシュ
  • ブラシング
  • ブラスト
  • ボール・バイオ・ウォッシュ
  • ワン・ウォッシュ
2006/03/01 記載

加工むら (かこうむら)

Uneven Finishing

加工芯 (かこうしん)

Tradiyional Canvas

 ジャケットやコート等に使用する、既に加工した芯の事。
 ベース芯に必要な増し芯を加えて複合した芯。

  • サイト内関連用語
2006/05/01記載

重ね縫い (かさねぬい)

Supper Imposed Seam

2枚以上の布を重ねて縫うこと(JISハンドブック 繊維(2006) 書籍レビュー

重ね接ぎ (かさねはぎ)

Over Lapped Seam

 地縫いをしない縫製方法。2枚以上の布を重ねてその上をミシンで縫製する縫製方法(JISハンドブック 繊維(2006) 書籍レビュー

2005/06/20追記

飾りステッチ (かざりすてっち)

Decoration Stitch

飾り加工縫い (かざりかこうぬい)

Fancy Stitch
Ornamental Stitch

飾り糸 (かざりいと)

Cover Thread

飾り縫い (かざりぬい)

Decorative Stitch

縫い構成が装飾を主とした縫い方

Top Stitch

布地の表に出る縫い目の線が飾りとして用いられる縫い方

ガセット

Gusset

 マチの英語呼称。

まち (襠)
 衣服の機能やデザイン性を向上するために用いる三角や菱形などの布地

JISハンドブック 繊維(2006) 書籍レビュー

ドレスシャツのガセット

 ファッションでは、英語、フランス語の呼称が好まれる。日本語の「襠(まち)」の事である。語源はポルトガル語であるようだが、日本語として既に認識されている。

Gusset
【名】
  1. 《服飾》ガセット、まち、ひだ、三角形の布、当て切れ
  2. ガセット板
【他動】
  1. 《服飾》〜にガセット[まち・ひだ]をつける

goo辞書

 イタリアン・クラシコのブームは、古き良き時代の技術の復活を喚起した。その中に、ガセットも含まれていた。シャツはもともとは男性の下着として扱われていたアイテムで、クロッチ部分にタブがあり、トランクス代わりにもされていた。その頃のシャツは、前後のラウンドが現在の物に比べ、非常に長く作られ、裾の三つ巻きも手揉みによるものだった。先に三つ巻きされ、後で、脇が縫い合わされる工程で、脇の裾の強度が著しく低かった。その為、三角のマチを三つ巻きに縫い込み補強する役目と、若干の運動量を確保する目的で、ガセットが用いられた。それとは別の方法もあった。五角形の当て布として、主に脇裾部分に裏から叩きつける方法である。本来は、この五角形がガセットとして多く用いられていたが、クラシコ・ブームでは、三角形が主流となり、広く認識されるに至っている。

 正五角形は、当然だが、角が5個あり、それぞれが鈍角を成す。それは、単独のパーツとしては非常に重要なメリットである。あまり、気に留められる事が少ないが、その鈍角は、縫い代を折込んだ際に、隣り合う辺の、折込縫い代が折込まれる際に、その辺の縫い代の端を隠す役目を果たすという、重要な角度である。その為、シャツ裾のガセットは本来は、五角形以上である必要があったのである。

2009/02/10記載
2009/02/10移動

肩開き (かたあき)

Shoulder opening

衣服の肩の部分のあき

型板 (かたいた)

Template

型入れ (かたいれ)

Pattern Layout

要尺が少なくなるよう生地、用紙などの上に型紙を配列すること。コンピュータ(CAD)による場合には型紙の図形データを入力し、最適な配列を行うこと(JISハンドブック 繊維 書籍レビュー

(b2) 2008/03/10追記

型入れ効率 (かたいれこうりつ)

now on examination

マーカエリア全体の面積に対する型紙面積の総和の割合(JISハンドブック 繊維(2006) 書籍レビュー

(b2) 2008/03/10追記

型入れ仕上げ (かたいれしあげ)

Finishing With Former

型紙 (かたがみ)

Dress Pattern

 又は、Paper Pattern

パターンを紙等に原寸大に表したもの

(a1)

肩すべり (かたすべり)

Yoke Lining

肩の部分に付ける裏地

JISハンドブック 繊維(2006))書籍レビュー

h-1)8109裏2009/03/10追記

片倒し (かただおし)

Overlapped Seam

 縫い代始末の一種で、縫い合わせた縫い代を一緒にどちらか片方に倒す方法。

接ぎ目を強調する場合に使われる縫い代処理方法で、接ぎ目の強度も増す為にスポーティーな衣服に使われる事が多い。
通常、倒した方にステッチを入れて、縫い代の動きを固定する事が多い。

    良く使用される用例
    • 縫い代前高片倒し
        seam allowance front side
    • 縫い代後高片倒し
        seam allowance back side
2006/06/20記載

肩ダーツ (かただーつ)

Shoulder Dart

肩ダーツ Shoulder darts

肩に作るダーツの事。

    以下の場所に作るダーツを指す。
  • 肩線から肩甲骨に向かう
  • 肩線からバストポイントに向かう
  • サイト内関連用語
    1. ダーツ
  • 参考イラスト
    1. オリジナル・ハンガーイラスト 肩ダーツ
2007/03/20 記載

肩縫い (かたぬい)

Soulder Seam

肩の部分を縫うこと

型抜き (かたぬき)

DIES CUTTING

刃型を使って布を押し切りすること。ダイカットともいう

肩パット (かたぱっと)

 又は、肩パッド (かたぱっど)

Shoulder Pad

上衣などの肩の部分に入れる詰めもの

縫製用語5)その他2009/02/10追記

肩幅 (かたはば)

Shoulder Width

片ひだ (かたひだ)

SIDE PLEAT

片方から寄せて作ったプリーツ

肩部幅 (かたぶはば)

SHOULDER LENGTH

衣服の肩の部分の幅

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
縫製用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料