ファッション・ハート・ドット・コム ロゴ Fashion-heart.com Logo

縫製用語 (せ)

縫製用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍

正バイアス (せいばいあす)

True Bias

2009/03/10記載

背裏 (せうら)

Back Lining

背の部分に付ける裏地

JISハンドブック 繊維(2006)書籍レビュー

h-1)8105裏2009/03/10記載

接着芯 (せっちゃくしん)

Fusible interlining
Fusible interfacing

 熱を加える(アイロンや、熱ローラーを使用して)事で布地に接着する芯の事。

 接着芯には、目的に合わせて、永久接着と仮接着がある。

  1. 永久接着(トップ・フューズ)
    工程中接着した物が製品として出来上がった後も接着した状態を保つよう作られている
  2. 仮接着
    工程中に加工中の負荷を軽減する為に接着するが、洗濯後、または、製品洗い等の工程を経て糊を溶かして剥離させ、フラシ状態の芯とする事を考慮されて作られている芯の事。糊は、主にデンプン糊を使用している。
2006/05/31記載 2007/01/10追記

Zより糸 (ぜっとよりし)

Z twist yarn

左方向によりをかけた糸

切羽 (せっぱ)

now on examination

    服飾業界では、
    • あきみせの飾り止め
    • コード・ループ
    • 2枚の布を間隔を開けて止める事
    本来の意味
    • 狭い鐔(つば)の意味から
        刀の鐔(つば)の表裏の、柄(つか)と鞘(さや)に当る部分に添える板金(いたがね)の事
    • 最期の土壇場
2007/05/10 記載

切羽かがり (せっぱかがり)

Sewing Sham Buttonholes

穴糸などを鎖状にしたもので、あきみせの飾り止めに用いる。(JISハンドブック 繊維(2006) 書籍レビュー

2007/05/10 記載

切羽止め (せっぱどめ)

now on examination

穴糸又は地縫い糸を用い、2枚の布を間隔を持たせて止める事。(JISハンドブック 繊維(2006) 書籍レビュー

3007/05/10 記載

背抜き (せぬき)

now on examination

背広服、コートなどで、裏地を前身頃には全部、後身頃には肩の部分にのみつける仕立て方

JISハンドブック 繊維(2006))書籍レビュー

 上着(ジャケット)の裏仕様の一つ

 後身頃(背)の肩甲骨より下の裏が抜けている状態の裏仕様から、背抜きと呼ばれるようになった。

 春から盛夏に掛けて着用の上着の裏仕様に多くみられる。

2005/07/03記載 h-1)8103裏2009/03/10追記

日本語 (にほんご)

英語

本文、意味

備考
縫製用語Top>>|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行わ行即答(未調査)用語色分けについて標準化カテゴリー概要参考書籍
ベースは、インターネット上の、今は無い、あるサイトからの引用に、新たに追加した用語、問い合わせのあった用語等を日々追加しています。曖昧に使われる事の多い、アパレル業界の広範な専門用語を、認識を深める為に掲載しています。※注意事項♥誤解や不実の内容が含まれている事があるかも知れません。♥参考にさせて頂いた、書籍、資料、サイトはその都度明記させて頂きます。♥ご利用につては自己責任の範囲内でお願い致します。♥記載、リンクについては、悪意のある物ではありません。 ♥もとより、著作権侵害の意図はありません。ご迷惑をお掛けしている場合は、速やかに訂正させて頂きます。 メールでのご連絡はコチラまでお願い致します。
NYA Logotype
  • このサイトは基本的にリンクフリーです。相互リンクはご連絡頂ければ対応致します。
  • 写真、イラストの無断転載はお断り致します。ご一報頂けますでしょうか。
Copy Ligth © NYA| Aim(主旨)Prof(プロフィール)Memo(サイトメモ)Mail(連絡を取る)Fashion-Heartサーバー更新ブログ(RSS)参考資料